一般社団法人兵庫県電業協会

会長あいさつ

 kaicho  会長 小坂 哲二

 昭和57年6月1日に発足した本協会は、平成25年4月1日に一般社団法人へ移行し、令和4年には創立40周年を迎えることができました。本協会の会員企業は、兵庫県及び県内市町の地元業者として、電気設備を通じて社会のインフラ整備に貢献すべく日々取り組んでいます。

 2011年の東日本大震災での原子力発電所事故による全電源喪失、また2018年の北海道胆振東部地震による大規模停電、いわゆるブラックアウトは私たちに大きな教訓を残しました。電気は普段から当たり前のように使われていますが、これらの事故は改めて社会インフラとしての重要性を認識させるきっかけとなりました。

 また、自然エネルギーの積極的導入やカーボンニュートラルの取組促進、またLED照明や蓄電池などの省エネ・蓄電製品の普及は、ICT産業の急速な進展と相まって我々の業界へ限りない変化と前進を求めています。加えて、ウイルス感染症の拡大や多国間での軍事侵攻等による世界情勢の変化、原油や資材の高騰、急速な円安など、今日の業界を取り巻く環境はますます厳しくなってきています。

 このような状況下にあって、我々の使命は、社会情勢の変化に即応できる良質な電気設備を安定的に提供していくことです。会員企業それぞれの経営努力はもとより、様々な協会活動を通じてさらにレベルを向上させ、社会、そしてお客様の信頼とニーズに応えてまいります。

 社会インフラを支えるプロフェッショナルである誇りを胸に・・・。

ご質問、ご相談、ご入会などはこちらから

お電話とメールフォームでのお問い合わせを受け付けております。

お電話でのお問い合わせは 078-222-0365 お問い合わせフォーム